Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

Table of Contents

はじめに

このページではインストーラーを使用して Confluence の Server 版を Linux 環境へインストールする手順について説明します。
Confluence をインストールする前に、インストール環境がサポートされているかサポート対象プラットフォームのページで確認をしてください。

Note

組み込み H2 データベースは評価専用です。本番サイトでは、サポート対象プラットフォームに記載されている、サポート対象の外部データベースのいずれかを使用する必要があります。 


インストール先ディレクトリ

インストールディレクトリ
(Jira のプログラムを配置するディレクトリ)

/opt/atlassian/confluence (インストーラーのデフォルト設定を使用)

データディレクトリ

ホームディレクトリ

(Jira のデータを保存するディレクトリ)

/var/atlassian/application-data/confluence (インストーラーのデフォルト設定を使用)

TCP ポート番号8090 (Confluence のデフォルトポートを利用) (info)アトラシアン アプリケーションで使用されるポート
コンテキストパス 
コンテキストパス
(URL
でサーバー名に続く文字) 
でサーバー名に続く文字)/wiki 

インストールを実行するユーザー

root

Confluence 稼働ユーザー

confluence

confluence 

データベース

Confluence

と同一のコンピューターにインストールされた PostgreSQL の DB
(今回は confluence を使用)

 と同一のサーバーにインストールされた PostgreSQL を利用

Java
Confluence に同梱の JRE を使用

AdoptOpenJDK JRE (Confluence のインストーラーに同梱の JDK を利用)

起動方法

サービスとして登録し、自動起動する。

サービスとして登録し、自動起動する


構成例


1.

...

 サーバーを用意する

Confluence をインストールするサーバーを用意します。必要なスペックについては以下をご参照ください。


2. Linux をインストールする

サーバーに Linux をインストールしてください。本ドキュメントでは RedHat 系 の無償版 CentOS を利用しますが、Debian 系の Ubuntu などを利用することもできます。

Info

サーバー上に VMwareAWS などで仮想環境を構築して Confluence をインストールすることもできます。

3. データベース を用意する

サポート対象プラットフォーム に記載されている、サポートされたデータベースを用意します。本ドキュメントでは PostgreSQL を利用しますので、以下のページの手順を実施してください。


Note
titleご注意ください
Atlassian 製品には、評価利用時に簡単に環境が構築できるように組み込みのデータベース(H2)が用意されています。
本番環境で利用する場合、組み込みデータベース(H2)は Atlassian のサポートの対象外となりますので、 必ず PostgreSQL などの外部のデータベースを用意してください。
評価から本番環境への切り替えによるデータベース移行でのトラブルも少なくないので、評価環境においても外部のデータベースを用意することをお勧めします。

4. Confluence インストーラーのダウンロード

Confluence のダウンロードページへアクセスします。お使いの環境にあわせてダウンロードします。
今回は「Linux 64 Bit」を選択し、「Get started」をBit」を選択し、「ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。

以前のバージョンをダウンロードする場合は、「Server ダウンロードアーカイブ」をクリックし、使用するバージョンを選択します。以前のバージョンをダウンロードする場合は、「詳細を表示」をクリックし、使用するバージョンを選択します。

Image RemovedImage Added


ダウンロードしたインストーラーは、Confluence をインストールするサーバーへ転送してください。

...


5. Confluence のインストール

実行権限設定

ダウンロードしたファイルに実行権限を与えます。

...

Info
iconfalse

Extracting files ...


Please wait a few moments while we configure Confluence.

Installation of Confluence 7.X.X is complete
Start Confluence now?
Yes [y, Enter], No [n]
n

Installation of Confluence 7.X.X is complete
Finishing installation ...

 

設定ファイル (server.xml) 修正 

server.xml を修正し、コンテキストパスの設定を行います。
/opt/atlassian/confluence/conf/server.xml の Context タグ「path=""」 を 「path="/wiki"」 に修正します。

Info
iconfalse

[root@server ~]# vi /opt/atlassian/confluence/conf/server.xml

<Server port="8000" shutdown="SHUTDOWN" debug="0">
    <Service name="Tomcat-Standalone">

        <Connector port="8090" connectionTimeout="20000" redirectPort="8443"
                   maxThreads="48" minSpareThreads="10"
                    enableLookups="false" acceptCount="10" debug="0" URIEncoding="UTF-8"
                   protocol="org.apache.coyote.http11.Http11NioProtocol"/>

        <Engine name="Standalone" defaultHost="localhost" debug="0">
            <Host name="localhost" debug="0" appBase="webapps" unpackWARs="true" autoDeploy="false" startStopThreads="4">
                <Context path="/wiki" docBase="../confluence" debug="0" reloadable="false" useHttpOnly="true">
                    <!-- Logging configuration for Confluence is specified in confluence/WEB-INF/classes/log4j.properties -->
                    <Manager pathname=""/>
                    <Valve className="org.apache.catalina.valves.StuckThreadDetectionValve" threshold="60"/>
                </Context>

                <Context path="${confluence.context.path}/synchrony-proxy" docBase="../synchrony-proxy" debug="0"
                         reloadable="false" useHttpOnly="true">
                    <Valve className="org.apache.catalina.valves.StuckThreadDetectionValve" threshold="60"/>
                </Context>
            </Host>
        </Engine>
    </Service>
</Server>

 

Confluence 起動

 Confluence を起動します。インストールの最後で「Start Confluence now?」を Yes [y, Enter] と選択してしまった場合は、server.xml の修正を反映させるために Confluence を再起動してください。

...

「init Confluence is ready to serve」が表示されたら、Confluence が起動し利用できる状態になっています。
[Ctrl]+[C] キーを押してコマンドプロンプトに戻ります。


3. サービスの起動と停止

 

サービスの起動

「service confluence start」コマンドで Confluence を起動します。
起動処理には時間がかかります。 「tail -f /var/atlassian/application-data/confluence/logs/atlassian-confluence.log」コマンドで起動ログを参照し、「init Confluence is ready to serve」が表示されるまでお待ちください。

 

サービスの終了

Confluence のサービスを終了するには、起動している状態で「service confluence stop」コマンドを入力します。

...

Info
iconfalse

[root@server ~]# service confluence stop
executing using dedicated user
If you encounter issues starting up Confluence, please see the Installation guide at http://confluence.atlassian.com/display/DOC/Confluence+Installation+Guide

Server startup logs are located in /opt/atlassian/confluence/logs/catalina.out
Using CATALINA_BASE: /opt/atlassian/confluence
Using CATALINA_HOME: /opt/atlassian/confluence
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/confluence/temp
Using JRE_HOME: /opt/atlassian/confluence/jre/
Using CLASSPATH: /opt/atlassian/confluence/bin/bootstrap.jar:/opt/atlassian/confluence/bin/tomcat-juli.jar
Using CATALINA_PID: /opt/atlassian/confluence/work/catalina.pid
Tomcat stopped.


[root@server ~]# ps -ef | grep java
root     22321 21690  0 17:50 pts/0 00:00:00 grep java

 

4. Confluence セットアップウイザード開始

...

Info
titleご注意ください

セットアップウィザードはインストール後初めて Confluence にアクセスすると表示されます。Web ブラウザーから、 http://<Confluence サーバー>:8090/wiki にアクセスして下さい。<Confluence サーバー>は IP アドレスでも構いません。

http://localhost:8090/wiki でセットアップを実施した場合は、セットアップ後に管理画面の一般設定でベース URL を変更しなければ、他のコンピュータからアクセスした場合に不具合が発生します。
ベース URL を変更する手順は、こちらのテクニカルFAQ/wiki/spaces/RSKB/pages/585916183 を参照してください。 


Info
titleベースURLとは

Confluence サーバーにアクセスするときに使用する URL です。サーバー以外のコンピュータからアクセスしたときに参照できる (ブラウザで開くことのできる) URL を指定します。
ベース URL が “localhost”“127.0.0.1” に設定されている場合は、サーバー以外のコンピュータから Confluence にアクセスできない可能性があります。

...

必要に応じて、以下をご参考に Confluence の日本語化の設定を行ってください。


Panel
bgColor#f9f4eb
borderWidth0

ご不明点は ヘルプデスク (要サポートサービス契約)までお問い合わせください。

サポートサービスの新規ご契約はお問い合わせフォームにご連絡ください。